諸事情で2020年11月ころまで更新を休みます。
スポンサーリンク

従業員持株会とは? そのメリット・デメリットを解説!!

おはようございます。ナマズ@現場監督です。

将来の漠然とした不安を少しでも解消するため、株式投資を続けています。

本日は、ナマズの勤めている会社にも導入されている従業員持株会のお話です。

その中でも、特に従業員持株会のメリット・デメリットを確認していきたいと思っています。

どうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク

従業員持株会とは?

まずは従業員持株会とは何なのかを見ていきましょう。

従業員持株会は、従業員が自分の勤めている企業の株式を定期的に購入し、従業員の中長期的な資産形成を支援する制度です。

出典:野村証券 従業員持株会

早い話、給料から一定額が天引きされ、そのお金で自身が勤めている会社の株式を購入できるということです。

これまで株式投資を経験したことのない人からしてみれば、以下のような印象を受けるでしょう。

  • 「別に貯金で良いじゃん」
  • 「株式とかよくわからん」
  • 「会社が業績低迷したら株価も下がるんやろ」

上記の意見は至極真っ当です。

上場株式の価格は企業の業績社会情勢によって刻々と変動しています。

難しい言葉でいえばリスク資産です。貯金とは違って、必ずしも元本が保証されていないんですね。

なので、株式投資の知識や経験の無い方が、易々と手を出していい資産では無いはずなのです。

しかし、大半の従業員が持株会に加入している現状があります。

それはなぜでしょうか?

答えは奨励金制度が存在しているからです。

従業員持株会の奨励金制度

奨励金制度とは何なのでしょうか?

ここでは、実際の数字を使いながら確認していきましょう。

たとえば、XYZ社には奨励金が10%の従業員持株会があったとします。

そして、ABCさんは給与天引きで毎月30,000円を持株会へ拠出することとします。

そうすると、毎月30,000円を拠出するタイミングで10%の奨励金が上乗せされ、33,000円の自社株を買い付けできることとなるのです。

この差額3,000円は「持株を買ってくれてありがとう」の気持ちで会社が出してくれます。

詳述しませんが、社外の人間がたくさんの株式を保有していた場合、その保有割合に応じて経営への口出しが出来るようになってしまいます。それを防ぐため、なるべく社内の(物言わぬ)人間に株式を持たせたほうが、経営陣が思い通りの経営方針を実施することができるようになります。

1か月あたり3,000円の奨励金ですが、年間だと36,000円にもなります。これは働いて得た稼ぎではないので、完全な不労所得と言い換えるも出来ます

そんなウマい話があっていいのでしょうか?

ご想像に易いとおりデメリットやリスクが全くない稼ぎ話など存在しません。従業員持株会にも、何らかの落とし穴・危険性があるのです。

しかし、奨励金がかなりオイシイのも事実です。

ということで本日は、従業員持株会のメリット・デメリットを順番に確認していきましょう!

従業員持株会のメリット

まずは持株会のメリットを見ていきましょう。

奨励金がオイシイ

冒頭から述べてきたとおり、奨励金がオイシイのは事実です。

なお、奨励金の額や割合は会社によって異なるようです。

たとえば、「月あたり10,000円の拠出を限度として15%の奨励金 (月あたり1,500円)」という企業もあれば、「月あたり3,0000円の拠出を限度として10%の奨励金 (月あたり最大1,000円)」という企業もあります。

いずれにしよ、積み立てていけば年間で数万円の不労所得となります。

会社の成長でオイシイ

冒頭でも話しましたが、持株会で買い付けているものは株式です。

そして、株式は企業の業績社会情勢によって刻々と変動するのです。

特に、長期投資においては、企業の業績に伴って株価が向上していく傾向にあります。

つまり、これから業績の良くなる企業の持株会に拠出を続けていくことで、拠出額自体が拡大するのです

例を挙げましょう。以下のような流れで事象が発生したとします。

  • XYZ社に勤めているABCさんは、給与天引きで30,000円を持株会へ拠出しました。(奨励金は無視する)
  • そのとき、XYZ社の株価は1株30,000円でした。
  • 1年後、XYZ社は業績が右肩上がりだったので株価が50,000円になっていました。

ABCさんは持株会を通じて、XYZ社の株式を1株保有しました。

その株価が50,000円になったのですから、その時点で株を売却すれば20,000円の儲けです。

従業員持株会への拠出というのは、つまり会社の株を買うということですから、会社の業績が好調であれば、奨励金も併せて爆益を手にすることも出来るのです。

給与天引きだから楽チン

最後のメリットは給与天引きの話です。

これはイメージしやすいのであまり説明をしませんが、給与天引きによって意識しなくても資産形成ができるようになります

従業員持株会のデメリット

さてお次は、デメリットを見ていきましょう。

あなたはこれを読んだ後でも持株会に拠出を続けることが出来るでしょうか?

自社の経営低迷リスク

最初に、持株会最大のデメリットを説明しましょう。

それは、積み立てれば積み立てるほど、勤務先への資産依存度が高まるということです。

たとえば、勤務先が大赤字を出したり、社会問題を起こしたりすることをイメージしてみてください。

  • 給料はとうぶん昇級無し。場合によっては減額。
  • もちろんボーナスは無し。
  • そして、これまで持株会で積み立ててきた株式の価格が半分になる

給料は減る、ボーナスは無し、積立資産が減る。もう踏んだり蹴ったりです。

これは「収入源」「積立投資の対象」を1社に依存しているということが原因なのですが、言われてみないとなかなか気づくことが出来ません

資産形成の基礎として、「収入源」や「投資対象」はなるべく分散しようと言われています。

たとえば、「収入源」は本業と副業、不動産からの不労所得で分散する。

「投資対象」は1社とするのではなく、国や地域の違う会社や株・不動産とするなどです。

そういった視点を持って考えてみると、従業員持株会は極めてリスクの高い資産形成方法だと言えるでしょう。

自社の倒産リスク

上記「経営低迷」に関連しますが、勤務先が倒産してしまった場合、保有している株式は文字通り紙切れになってしまいます。

ここで、特に注意してもらいたいのが、財形貯蓄(社内預金)を実施している方です。

端的に言うと、会社の財形貯蓄は法的に元本が確保されていなくてもいいようになっています。

つまり、財形貯蓄に1,000万円が貯まっていたとしても、会社が倒産すればそれが消えてなくなるのです。

  • 「給与・賞与が減る」
  • 「自社株が紙切れになる」
  • 「財形貯蓄が蒸発する」

以上の3つが同時に起こる可能性のある方はいませんか。

そんな方は勤務先と運命共同体といえます。

運よく会社が成長してくれれば良いですが、会社が傾いてくると、莫大な資産を失うことになるでしょう。

もちろん、資産形成は自己責任が原則会社は助けてくれません

まとめ

いかがでしたでしょうか。

従業員持株会の概要とともに、メリット・デメリットをまとめてみました。

おさらい以下にまとめてみます。

  • 奨励金がオイシイ
  • 会社の成長でオイシイ
  • 給与天引きで楽チン
  • 経営低迷リスク
  • 倒産リスク

あなたは、これから従業員持株会をしてみようと思いますか?

客観的に見れば、従業員持株会は、会社の成長に掛けたリスクの高い投資です。

特に、勤務先と運命共同体状態の方はいますぐ資産配分を考え直す必要があるでしょう。

本日は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました