スポンサーリンク

保有日本株と損益状況(2020年11月2日)

ナマズです。

将来の漠然とした不安を解消するために株式投資に講じております。

本日は、保有日本株の一覧と損益状況の紹介となります。

スポンサーリンク

保有日本株と損益状況

保有している日本株と損益状況は以下のとおりです。

※黒塗りの行は、ブログ開始前から温めているものです。公開の予定ナシです。

見てのとおり、揃いも揃って含み損にやられています。

銘柄ごとの感想

以下、銘柄ごとの感想を書き連ねます。

改めて眺めてみると、流行りで買って塩漬けが多いです。

このクセを直していかないといけませんねぇ・・・。

【1566】上場インデックスファンド新興国債券

配当狙いで1年半ほど前に、少額買ってみました。

年間5%程度の分配金を出してくれていますが、分配金・基準価額ともに下落傾向にあります。

保有するメリットはあまりないと思っているため、手放したい。

ネガティブな塩漬けを継続予定。

【1699】NOMURA原油インデックス連動型上場投信

コロナショックの際に原油価格が暴落したタイミングで買ってみました。

さすがにこれ以上原油は下がらないだろうという謎の自信を持っていました。

その後、原油価格がマイナス(!?)となると、含み損が-50%にまで拡大しました。

現在では-20~-30%を推移。

今後、原油価格が大きく回復しないと、含み益にはならないでしょう。

ニュートラルな塩漬けを継続予定。

その場のノリで買い付けてしまったことは反省の必要あり。

【6301】小松製作所

Twitterで流行っていたため、コロナショック前に2500円ぐらいで2単元取得。

コロナショックで大きく焼かれたが、今はほぼ回復。

株価の伸びは期待できるため、ポジティブな塩漬け。

【8058】三菱商事

累進配当を掲げている企業とのことで、2019年に買い付け。

ややポジティブな塩漬け。

【8591】オリックス

配当&優待狙いで2019年に買い付け。

ややポジティブな塩漬け。

【9020】東日本旅客鉄道

かぶ1000氏のイナゴのピッフィー氏のイナゴで、この10月末に1単元買い付け。

コロナによって電車の利用者が急減し、株価は歴史的な底値付近まで下落中。

出典:Googleファイナンス

コロナ不安が解消され、徐々に電車利用者が戻ってくれば、株価は回復していくでしょう。これがポジティブなシナリオ。

ただし、良くも悪くも、テレワークやWeb会議が浸透してきたため、従来通りの利用者数は見込めないと思われます。

コロナ不安が解消されても、利用者数がまったく上がらないようであれば、シナリオ崩壊です。投資失敗。

その他、個人的には非運輸サービスの動向が気になります。

JR東日本の運輸サービス:非運輸サービスの割合は、7:3程度です。

7割の運輸サービスが回復してこないとなると、投資対象としてそもそもダメという意見もありますが、運輸の赤字を非運輸の成長で補填できるとしたら、株価が下がるとしても、その下げはマイルドになるのではないかと思っています。

当面はポジティブに塩漬けします。

【9432】日本電信電話

菅総理就任後の値下げ圧力に伴って、通信株は下落。

9月末の配当権利前に1単元買ってみました。

その後、ドコモの買収が報じられ、買収費用捻出のためか株価下落中。

今のところ-9%の含み損ですが、NTTはほぼ潰れない企業と言うことで、長期の塩漬けを継続します。

【9433】KDDI

NTTと同じ理由&同じタイミングで買い付け。

こちらは含み益です。

放っておけば株価は上がると思います。ポジティブな塩漬け中。

ただし、優待目当てで株を保有している個人株主も多いと思われるため、もし優待廃止となってしまったときには、大きく株価が下がるのではないかと思います。

過剰な株主優待が、経営を圧迫してしまうということは往々にしてあります。

まとめ

上述しましたが、流行りで買って塩漬けが多いです。

そして、その殆どが含み損w

含み損が心理的に辛いということは全く無いです。

もともと日本株は、ダラダラと高配当&優待で遊ぶつもりだったので。

しかし、これらの資金をイケイケ米国ICT株に投じていれば、それなりのリターンは得られただろうことを考えると、機会損失感で残念な気持ちになります。

経済の動向・株価の値動きなんてノーベル賞級の経済学者でもわからない、といって胡麻化すこともできますが、もうすこしうまい立ち回りはあったかもしれません。

もうすこし知識をつけて、時間をかけて、投資対象(市場や銘柄)を選定する術を身に着ける必要がありそうです。

今の状態だと、完全に運ゲーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました