スポンサーリンク

令和2年一級建築士試験(製図試験)は不合格に終わりました(2020/12/25)

ナマズです。

2020年12月25日に令和2年一級建築士試験の2次試験(製図試験)の合格発表がありました。

一級建築士試験は2次試験が最終試験です。

そのため、この試験に合格することで晴れて建築士となることができます。
(正確に言えば、試験合格後に免状交付の手続きが必要ですが。)

ナマズは10月に実施された当該試験を受けておりましたが、結果は投稿タイトルのとおり不合格でした。

スポンサーリンク

試験の結果

試験元が公表した試験の講評は以下のとおりでした。

○採点結果については、ランクI、II、III、IVの4段階区分とする。

ランクI:「知識及び技能」*を有するもの

ランクII:「知識及び技能」が不足しているもの

ランクIII:「知識及び技能」が著しく不足しているもの

ランクIV:設計条件及び要求図書に対する重大な不適合に該当するもの

*「知識及び技能」とは、一級建築士として備えるべき「建築物の設計に必要な基本的かつ総括的な知識及び技能」をいう。

○なお、採点の結果、ランクI、II、III、IVのそれぞれの割合は、次のとおりであった。

ランクI:34.4%、ランクII:5.6%、ランクIII:24.3%、ランクIV:35.7%

採点結果における「ランクI」を合格とする。

建築技術センター 過去の試験問題等

ということで、今年の合格率は34%でした。

昨年は34.2%だったので、ほぼ同じ。

率だけ見ると1/3も受かる簡単な試験なように見えますが、1次試験(合格率10%程度)を潜り抜けた戦士が1/3の椅子を争っているので、見た目の数字よりは難度の高いものと思われます。

ちなみにこの試験は、国家試験/国家資格にありがちな合格率調整のある相対試験です。
(試験元は明言していませんが。)

なので、みんなが資格学校へお布施し、資格学校が上質でスパルタな講義・演習を提供すればするほど、椅子取りゲームが激化していきます。

なるべくお布施を避けたい民としては、この現状をどうにかしたいですなぁ・・・。

こんなところでぶつくさ呟いても、なにも変わらないのでしょうけど。

ナマズの結果

そんな中、ナマズは2年連続のランクⅢという結果に終わりました。

ランクⅢの意味は「一発アウトは回避しているけど、もうすこし努力は必要」です。

ランクⅣ建築基準法違反そもそも建築として成立しない図面(上下階の不整合等)の場合につけられるので、最低限ここはクリアしているようです。

しかし、ランクⅠ(合格)ランクⅡ(合格率調整のためにギリ不合格)の域には到達することが出来なかったようです。

手応えはそこそこだったのですが、どこかがダメだったようです。

具体的にどこがダメだったと教えてもらえないので、モヤモヤが続きます。

また次回がんばります

建築士試験の制度では、1次試験を合格した年から先2年間は1次試験が免除されます。

ナマズの場合、2019年は1次試験合格→2次試験敗退

そして今回、2020年は1次試験免除→2次試験敗退

そして来年が、1次試験免除の最後の年となります。業界内では角番なんて言われています。

なので、来年おちてしまうと、その次の年に合格率10%の1次試験からやり直しになってしまいます。

そんなことになってしまわないように、来年は頑張らねば・・・。

しばらくモヤモヤが続きますが、その気持ちは2020年に残し、2021年からは前向きに頑張っていきたいと思います。

それでは今年も残すはあと数日。みなさま良いお年を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました